転職エージェントは複数登録が鉄則!掛け持ちのメリットと理由を徹底解説

人材紹介・転職エージェント

転職エージェントの複数利用とは

現在では、転職活動を行う際には転職エージェントという仕事紹介の専門サービスを利用することが一般的となってきました。この人材サービスには各社の特色があるのですが、上手く利用することが転職成功の秘訣となります。

その上手な利用方法としては、あえて複数の転職エージェントに登録して同時にサービスを受けることで、より自分に合った求人を獲得し適切なアドバイスや様々なサポートを受けることが可能になります。

では転職エージェントの複数利用に関してご説明していきます。

複数のエージェントに登録するメリット

その1、強みや特徴に応じた使い分け

転職エージェントは、各社で強みや特徴が異なります。例えば、

  • ・IT業界に強い転職エージェント
  • ・若手の転職に強い転職エージェント
  • ・年代別に特化した転職エージェント
  • ・外資系の企業に強い転職エージェント
  • ・年収アップや、高所得者の転職に強いエージェント

複数のエージェントを利用することで、各社の異なる強みを合わせることができるのです。

例えば、「転職で収入も上げたいし、希望の業界もある、思い切って海外への転職の可能性も試してみたい」といった希望がある場合、一つのエージェントに全てを求めるのではなく、それぞれに強みを持つエージェントに同時に登録します。

また、各エージェントの保有する求人案件は、各社が独自で企業から集めるのものあり、”そのエージェントにしかない求人”というのも存在するのです。

その2、キャリアコンサルタントからのアドバイス

転職エージェントの良し悪しはを分けるのは、”扱う求人の量と質”であることは間違いないのですがそれ以外の大きなポイントとしてキャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー)の存在があります。

キャリアアドバイザーは、実際に対面で会って転職の相談にのってくれるのですが、これも各社で特徴があります。希望する業界に精通したキャリアアドバイザーがいたり、職務履歴書の書き方からサポートしてくれる場合があったりします。

また具体的なアドバイスの内容というのは、各社で違うというよりは、キャリアアドバイザーによって異なるようです。当然、長くこの仕事をして経験豊富なアドバイザーからの助言は貴重です。

そして、複数のアドバイザーと繋がることで、もしアドバイスの内容に「それって本当?」という不安や疑問を持った場合に、他のアドバイザーにそれを相談したり確かめたりすることができ、セカンドオピニオンのような役割を果たしてくれます。

非公開求人がある

もう一つのポイントが非公開求人の存在です。既に前述しましたが、転職エージェントでは”そのエージェントにしかない求人”というのがあります。そして、それはその転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーが適切だと判断した時にだけ、紹介してくれる求人なのです。

これらのクローズドな募集というのは魅力的な求人である場合が多く、各社の非公開求人をもれなく紹介してもらうためにも、複数社のエージェントに登録することは重要なのです。

転職エージェントの良し悪しというのは正直分かりずらいと思いますが、分かりやすく見極める方法としては、どれだけ多くの非公開求人(そのエージェントにしかない求人)を保有しているかがあります。

そして、それは複数の転職エージェントに登録することで初めてわかります。紹介してくれる求人は多いけど、どれも他のエージェントからも紹介される案件と被る場合もあれば、そのほとんどが他のエージェントからは紹介されない求人の場合もあります。

転職活動で重要なのは、「そこにしか無い情報」を多く保有する転職エージェントを見つけ出す事です。そのためにはネットの評判や口コミ情報だけではなく、実際に転職エージェントから情報を収集して、比較することをおすすめします。

応募書類作成・面接対策サポート

転職エージェントでは、転職における2つの関門である、応募書類の作成と面接対策のサポートをしてくれるサービスがあります。応募書類は、書類選考を通過する上でその作成方法は重要なポイントとなります。

また面接対策では、「どんな面接対応をすれば合格するのか、もしくは不合格になるのか」といったノウハウが蓄積されており、セミナーや、模擬面接といった形でそれらのナレッジを学ぶことができます。

同じ人材紹介会社でもキャリアアドバイザーのアタリハズレがある

キャリアアドバイザー毎にやる気が違う

エージェントに登録すると、まずはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタントとも呼ばれる)と面談を行い、希望の条件や転職に求めることをヒアリングされます。そして、その日以降随時おすすめの求人が紹介されるのですが、ここでの”やる気”にも人によって差があります。

面談以降毎日のように連絡をくれるアドバイザーもいれば、それっきり音沙汰なしの場合もあります。複数社に登録したからこそこの違いを認識できて、やる気のあるアドバイザーに出会う可能性も高まるのですが、もし1社にしか登録せず、それがやる気の無いアドバイザーに当たった場合は、きっと「転職エージェントってこんなもんか。。」と、その価値を体験することなく利用を辞めてしまうと思います。

また、やる気のあるアドバイザーは面接の度に連絡をくれて、相手の企業の印象を聞いてくれたり、もし不合格になった場合でも、その理由を企業に問い合わせて、その後の面接の対策を一緒に考えてくれたりします。このサポートは転職エージェントでなければ受けることはできないと思います。

キャリアアドバイザーのスキルを見極める

私自身がこれまで何人ものキャリアアドバイザーと仕事をしてきた経験から言うと、アドバイザーには大きく2種類に分かれます。

  1. 言われるがままに求人を探してくるだけのアドバイザー
  2. キャリアプランや、求人を提案してくるアドバイザー

1.に関しては、正直スキルの低いキャリアアドバイザーだと思います。要は言われた事しかでき無いアドバイザーということです。

特徴としては、

  • ・面談の時に希望の条件面(給与、業界、転職時期、企業規模、)しか聞かれない
  • ・すぐに求人を紹介しようとしてくる
  • ・大量の求人を紹介してくる(あまり絞り込まれてない)
  • ・紹介された企業のことを質問してもほとんど理解してない
  • ・面談後の連絡は、求人案件を一方的にメールで送ってくるだけでこちらの状況確認などは無し

このような特徴があります。

反対に2.のスキルの高いアドバイザーの特徴は、

  • ・面談時にこれまでの経歴や、転職の動機、今後どうなりたいかなど、こちら内面までの理解しようとしてくれる
  • ・こちらのことをきちんと理解することに多く時間を使い、すぐには求人を紹介しない
  • ・限られた求人をピンポイントで紹介してくる
  • ・紹介する企業のことをよく理解しており、”なぜその求人を自分に紹介したのか”という理由まで明確に説明できる
  • ・面談後は、メールだけでなく電話でのコミニュケーションもあり、こちらの状況や心情の変化について聞いてくれる

このようなアドバイザーはスキルが非常に高いと言えます。

キャリアアドバイザーとの相性は重要

これは各社サービスというわけではないのですが、相手も人である以上相性や、当たりハズレがあります。

転職者によって、手厚いサポートや頻度高く連絡をくれることを望む人もいれば、こちらの指示通りにスピーディーに的確に動いてほしい場合、また言われたとおりにするのではなく、もっと提案してほしいなど、転職者側のニーズも人それぞれなのですが、それら全てにキャリアアドバイザーが対応してくれるというのは無理があります。

その為、複数のキャリアアドバイザーと面談することで、自分と相性の良いアドバイザーと巡り合うことが重要となります。

同じ求人を紹介された場合

転職エージェントを複数利用していると、各社から同じ案件を紹介される場合があります。おそらく、大手企業の求人は被る可能性が高くなります。

では各エージェントから同じ案件を紹介され、その中に希望の求人が合った場合に、どのエージェント経由で申し込むかはどのように判断すれば良いのか?それは、その企業の内情をより理解しているエージェント経由で申し込むことをお勧めします。

その理由は、エージェント側で求人企業の内情を深く理解しているということは、その企業からより信頼され、密接なコミニュケーションが取れているからです。

企業と信頼関係が構築出来ている転職エージェントの場合、面接に臨む上でより貴重な情報をもらえる可能性が高いですし、条件交渉などでもこちらの希望を通しやすいと思います。

面談などで求人を紹介されたら、その場で面接を申し込むのではなく、まず複数のエージェントから全ての案件が出揃った段階で希望の求人を提出してきたエージェントには、その企業の内情や今後の事業展開、社風などの同じ質問をしてみて、帰ってくる情報の質を比較してみることをおすすめします。

エージェントを複数利用しないことで起こるデメリット

希望の案件を紹介してくれない場合も

選考が進むと、ちらほらと企業から内定が出始めます。それ自体は良いことなのですが、転職者からすれば、やはりベストな企業に転職したいため、内定が出たからと言ってスグに入社を決めるのではなく、できれば納得行くまで活動を続けたくなります。

しかし、この段階にくると、転職者と転職エージェントの利害関係が相反してきます。納得行くまで転職活動したい転職者に対して、早く入社を決め手欲しい企業と転職エージェントという構図になります。

例えば、既に2社から内定をもらっている時に、まだ応募していないA社に興味を持ったとします。転職エージェントにA社が募集をしていないか確認してほしいと依頼した場合に、転職エージェントの立場としては、A社を紹介して選考が始まってしまうと、既に内定が出ている2社への入社は見送りとなる可能性が出てきます。しかし、これから受けるA社から内定が出る保証はありません。

エージェントは入社が決まった段階ではじめて企業から報酬をもらうので、既に企業から内定が出ている2社のどちらかに入社を決めてくれた方が安心です。新しい求人を紹介して入社の可能性が下がるようなことはしたくないのが正直なところでしょう。その本音が転職者にとってデメリットとなる可能性があるのです。

「今は募集してません」は本当?

エージェントを利用する際には、キャリアアドバイザーから紹介される案件だけでなく、自分からも企業を調べて、興味のある企業をリストアップして、面接のセッティングをエージェントに依頼することは多々あります。

しかし、営業力や交渉力、企業との信頼関係が低いエージェントになると、こちらが希望した会社に対して、アプローチをすることができません。

おそらくは、転職者に言われてから企業にはじめて営業をかける場合もあると思うのですが、「もう間に合ってます」と断られているのかもしれません。

そのような場合に、「うちの力不足でご希望の募集をご紹介できません」と正直に言ってくれればいいのですが、彼らにもプライドがあり、力が無い事を知られたくない場合は、「一応確認したのですが、今は募集はないようです」と回答する可能性があるのです。

もし後者の場合、本当はその企業が募集をしており、別の転職エージェント経由であれば応募することができたのに、営業力の無さと誤った情報でその企業を断念せざるおえない状況になっていたとしたら、転職者にとっては非常に大きなデメリットとなります。

転職エージェントを複数利用する場合の注意点

マナーを守る

転職エージェントからすれば、転職者はお客様ということになります。また、転職エージェントの情報やキャリアアドバイザーを最大限活用するということはこれまでに述べてきましたが、彼らのサポートを受ける上でのマナーもあります。

例えば、聞かれたことに対して嘘の回答をするなどはあってはいけません。例えば、過去の経歴や、これまでの経験などにおいて自分を良く見せようと経歴を詐称したり、できもしない事を出来ると伝えることはNGです。

そして絶対にしてはいけないのが、紹介された企業の面接を黙ってキャンセルしたり、すっぽかしたりすることは絶対にあってはなりません。これは転職エージェントがクライアントからの信頼を失う行為になり、エージェントの顔に泥を塗る行為になります。

複数のエージェントの掛け持ちは伝える?伝えない?

エージェントに登録すると、かなり高い確率で「他の転職エージェントは利用されてますか?」と聞かれる事になります。その際に、複数を掛け持ちしていることを正直に伝えるべきかを迷うこともあると思いますが、そこは正直に伝えるべきです。

第一に、エージェントの複数利用は当たり前なので、掛け持ちしていることで相手に悪い印象を与えることはまずないでしょう。

また、何よりも重要なのが、担当してくれるキャリアアドバイザーとの信頼関係です。転職者が嘘をついたり、大事な事を隠していても、転職活動を進める中ではバレる確率はかなり高いと思います。そして、それいよってキャリアアドバイザーが「この転職者は信用できないな」と思われると、あまりサポートをしてくれなくなる可能性が高いです。

そもそも、何も後ろめたいことをしていないのですから隠す必要はありません。

同時応募は禁止

複数のエージェントを利用していると、同じ企業の求人を同時に紹介される場合がありますが、もし既に応募のエントリーをしている場合、他のエージェントからのエントリーはできません。これは、募集をしている企業側からすればスグわかることで、もし重複して応募しても、「この人は既にエントリー済みですよ」となります。

実際にあったのが、Aというエージェントから応募した際に書類選考で落選したのですが、別のBというエージェントからであれば選考が通るかもしれないと思い、応募してしまうことです。これも確実にバレますし、応募する企業にとっても、エージェントにとっても良い印象を与えないため、まず選考が通ることは無いですし、エージェントからの信頼も失うためやってはいけません。

同時応募は、エージェント経由だけでなく、求人サイトからの直接応募も同じです。同じ企業の同じ募集に、求人サイトからの直接応募と、エージェントからの応募を同時にすることはNGです。

しかし、例外として同じ企業でも、別の部署やグループ会社の求人を異なるエージェントから紹介された場合は、きちんと事情を伝えた上でエントリーすることは可能です。これは、その求人をBのエージェントだけが保有している場合があるからです。

オススメの掛け持ち数

これは、どんな会社を希望しているかによって適切な掛け持ち数は異なるのですが、個人的なおすすめとしては、2社~3社といったところだと思います。もしそれでも信頼をおけるエージェントに出会えない場合は、諦めずに登録数を増やすことをオススメします。

また、あまり多すぎても管理がしきれなくなりますし、紹介される求人が重複するだけですので、登録自体は何社にしても良いのですが、メインでお付き合いするエージェントが絞り込めたら、他のエージェントにはきちんとお断りの連絡をすることが望ましいと思います。

コメント