おすすめ転職エージェント比較ランキング2021年最新版

人材紹介・転職エージェント

いざ転職活動を始めようとしても、結局どの転職エージェントに相談するのが良いのか、どういう違いがあるのかわからず、転職活動を始められていないという方や、今利用しているエージェントではうまく進まず、他のエージェントにも相談した方が良いか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。現在、転職エージェントは大手や中小企業の他、個人事業に近い形で展開しているエージェントも存在し、非常に多くのサービスが存在しています。

そのため、ここではエージェント選びで困っている方向けに、実績の豊富な企業をベースに、基本情報の比較や特徴をまとめています。

おすすめの転職エージェントを紹介する前に

まずはじめに、エージェント各社の紹介前にお伝えしたいポイントがあります。それは、「エージェントは複数併用した方が良い」という事です。複数利用によりやり取りが面倒くさいなどあるかもしれませんが、担当の対応が良くなかったり面倒くさくなったという事であれば、後からやり取りを停止すれば良いだけです。その会社独自に保有している求人も多いため、1社などに絞ってしまうと本当にあなたと相性の良い求人を逃してしまうかもしれません。良い求人がない中で無理やり転職を決めてしまっては後悔する可能性が非常に高いため、特に転職経験がこれまでないような方はこのタイミングで5社~10社など、複数のエージェントとやり取りしてみる事をお勧めします。

※複数社登録した方が良い理由

・その会社独自の求人が大量にある

・担当するエージェントによっても紹介求人や対応が異なる

・複数利用してもお金がかからない(ほとんどのサービスが無料/微妙なサービスはお断りすれば良い)

Webからすぐに申し込みできるため、まずは有名どころの何社かに問い合わせるという形でも良いと思います。私も最初に転職する時はそうしましたし、特に準備がない状態で問い合わせるだけでも、エージェントからのアプローチにより自然と転職活動に動く事ができました。何をすべきかわからない、どのエージェントが良いかに迷い活動が進んでいないのであれば、とにかく準備なしでも問い合わせてみて動き出した方がよっぽど良いと思います。 それでは、各社の特徴を参考までにご覧ください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは実績No1の老舗リクルートが提供しているサービスで、求人数も他の企業と比べて圧倒的に多いです。特徴としては、実績が裏付けとなる信頼性の他、リクルートならではの仕組み化からくるサポートの充実性や、応募した企業に対する交渉力です。リクルートエージェントの特徴は以下。

・非公開求人数の多さ

・応募企業への交渉力(営業力)

・豊富なサポート・サービス(書類添削・レポート配布・面接対策)

◆非公開求人の多さ

→非公開求人の多さは他社と比べて圧倒的にNo1です。非公開求人数だけでなく取り扱い求人数がとにかく一番多く、リクルートエージェント独自の求人も豊富です。この時点で、まず登録しておいて間違いのないエージェントの一つでしょう。求人数は、企業とのコミュニケーションの歴史も関わるため、後発のエージェントには中々勝てない強みです。

◆応募企業への交渉力(営業力)

→リクルートエージェントでは、給料アップが実現できた、1回不採用になったのに復活で面接をし採用してもらったなど、エージェントの力とも言える喜びの声が口コミでも多くみられます。これもリクルート独自の文化である、営業力の強さからくるもので、ほかの企業が企業単位で実現することは難しい特徴の一つでしょう。

◆豊富なサポート・サービス(書類添削・レポート配布・面接対策)

→リクルートエージェントでは書類添削・レポート配布・面接の対策など、求職者にとって有益な様々な無料サービスが充実しています。これもリクルートが「仕組み化」に重きを置くという文化からくる独自の特徴でしょう。

※書類添削

求職者が最初につまづきやすい書類添削をしてくれます。自分も経験がありますが、まず書類作成が中々うまくいかずに転職活動を始められず焦りが募る求職者も多いはず。このサービスを利用すれば、取り合えず一旦形と完成させて、あとはプロに任せてみればいいという気持ちになります。実際の添削のレベルも高く、丁寧に説明もしてくれます。

※面接対策

書類も整い、転職の知識もつき、最後に重要なのが本番一発勝負の面接です。面接はまず慣れて自分の伝えたい事をしっかり伝えられる事が重要です。テクニックに頼る必要はありません。自分の強みや伝えるべきポイントを正確に理解してもらう事が重要なのです。そのためには実戦形式で慣れる事、第三者からのフィードバックが重要で、このサービスを利用する事で両方が叶えられます。

リクルートエージェント

DODA

DODAの特徴は以下。とりあえず登録しておいた方が良いサービスの一つです。

・求人情報が多い

・スカウトがたくさんくる

・転職のイベントが充実している

◆求人情報が多い

→求人数が最も多いリクルートエージェントに次いで2番目に求人数が多く、この求人数の多さが特徴です。2番目といっても他の企業と比べると圧倒的な差があり、まず登録しておいても良いエージェントの一つと言えるでしょう。非公開求人も8割~9割程度あるため、どんな求人があるのか、一度エージェントに相談してみると良いでしょう。実際、私が利用した際にも他のエージェント(7社程度)では保有していない案件をいくつも紹介してくれました。

◆スカウトがたくさんくる

2016年から開始した「doda Recruiters(デューダ リクルーターズ)」というダイレクト・リクルーティングサービスでは、企業から直接スカウトが届きます。また、このサービスだけでなく、エージェントからも都度企業紹介の案内がメールで届き、私が利用した中では最も求人の紹介が多かったエージェントです。積極的に自分から動けないという人でも、自動的に多くの求人紹介やスカウトが届く事でより活動がしやすくなるのではないでしょうか。

◆転職のイベントが充実している

→DODAでは、毎週何かしらのイベントを行っているため、比較的行きたい時にイベントに参加する事が可能です。イベントに行く事で直接アドバイザーの話を聞いたり相談に乗ってもらう事もできます。また、「転職フェア セレクト」という職種・経験等の条件が絞られた企業が出展している集中型転職イベントもあり、ここでは企業側の人事担当だけでなく現場担当の生の話を聞く事もでき、ご自身の転職活動状況に合わせたイベント参加ができるという点も特徴の一つと言えるでしょう。

転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴は以下。とりあえず登録しておいた方が良いサービスの一つです。

・20代の転職に強い(特に第二新卒)

・中小企業やIT系の求人・独占求人が豊富

・キャリアアドバイザーが業界・領域別の専任制

◆20代の転職に強い(特に第二新卒)

→マイナビエージェントは20代に強く、20代向けの求人・ノウハウ・実績ともに豊富です。利用者に20代が多いのはもちろん、キャリアアドバイザーも若手で構成されており、第二新卒の方や初めて転職される方など、20代の転職にはおすすめのエージェントです。

なぜ20代に強いのかというと、リクルートなどの競合と比べマイナビは後発であるため、他社との差別化を図るために、新卒や20代向けのサービスを強化しているというのが背景としては考えられます。エージェントは通常年収の高いレンジでの転職を成功させた方が儲かるため、戦略上若手層のターゲットにも注力しているというのは信頼できる一つの要素と言えるでしょう。実際、20代からの支持が厚いエージェントの一つです。

◆中小企業やIT系の求人・独占求人が豊富

→マイナビエージェントは、20代向けの求人だけでなく、他社が扱わないような知名度の低い中小企業や、IT系のベンチャー企業の求人なども豊富です。また、マイナビエージェント独占の求人も多く保有しているため、他社では絶対に見つからない求人に出会う事もできます。

◆キャリアアドバイザーが業界・領域別の専任制

→マイナビエージェントは、求人数が一定ある領域においては業界ごとにその業界に精通した専任のキャリアアドバイザーを配置しています。転職事情や、企業から求められる事は業界ごとに大きく異なる部分も多いため、業界に精通したアドバイザーがいるというのは非常に安心であり、求職者によりマッチした案件の紹介も可能になると考えられます。

※専任領域の一例

・ITエンジニア

・営業職

・MR・メディカル

・ものづくり・メーカー

・販売・サービス

・クリエイティブ職

・管理部門

・金融業界

・不動産・建設業界

マイナビエージェント

マイナビIT AGENT

ハイクラス転職

ビズリーチ

ビズリーチの特徴は以下。とりあえず登録しておいた方が良いサービスの一つです。

・ヘッドハンティング・スカウト型

・ヘッドハンターと直接交渉可能

・ハイクラス特化

◆ヘッドハンティング・スカウト型

まず、ビズリーチは他のエージェントと異なり、スカウト特化のサービスです。本格的に転職活動をしていない方も含め取り合えず登録しているという方も多いのではないでしょうか。CMなどでも認知が広まり、私の周りでもほとんどの人が登録しているサービスです。

基本的な仕組みとしては、まず記載できる範囲でご自身のプロフィールや経歴を入力します。すると、その情報を見た企業側から直接スカウトの連絡が届くという仕組みです。スカウトは企業担当以外にエージェントからも連絡が来ますが、スカウトメールの内容を見て気になれば返信する、気にならなければスルーするという対応で問題ありませんので、ひとまず登録しているという利用者も多いと思われます。会員登録は無料・有料に別れており、できる事は異なりますので、詳細が気になる方は以下の記事もご覧ください。

◆ヘッドハンターと直接交渉可能

通常の転職エージェントの場合、その企業が保有している求人情報のみをベースに、その企業の担当エージェントとやり取りする事になります。しかし、ビズリーチではヘッドハンターと呼ばれる各社のエージェントからスカウトメールが届くため、気になったスカウト内容や担当がいれば、そのエージェントと直接やり取りする事ができます。大手のエージェントも多く登録しているため、ビズリーチに登録してい置く事で様々な企業のエージェントと直接やり取りする事ができます。小規模のエージェントの中には特定の領域に特化していたり、規模が小さい分かなり手厚いサポートが受けられたりというメリットもあるため、登録してみて気になるエージェントと会話してみるというのも非常におすすめです。

◆ハイクラス特化

ビズリーチは、比較的ハイクラス層をターゲットとしており、年収1,000万以上の求人も多く公開しています。有料会員でないと利用できないサービスもありますが、キャリアアップや年収アップを狙っている方には非常におすすめのサービスです。 また、ビズリーチはハイクラス層向けのサービスですが、同じ会社が別サービスとしてキャリトレという20代向けの同様の仕組みのサービスを展開しているため、ビズリーチだと求人が合わないという方はこちらのサービスを利用してみても良いかもしれません。

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴は以下です。

◆年収UP

→パソナキャリアでは67.1%の利用者が年収アップを実現しています。転職の軸は様々ですが、転職のタイミングで年収アップを考える人がほとんどでしょう。実績として約7割の人がこれを実現している事からも、平均してエージェントの質や求人の質、紹介の質が高いとも言えるでしょう。

◆女性求職者へのフォローが手厚い

→パソナキャリアでは、2016年3月から女性の活躍をより一層支援するために、『女性活躍推進コンサルティングチーム』を発足し、女性一人ひとりのキャリアに寄り添った手厚いサポートをするための専門チームがサポートを行っています。特に女性の中では、結婚・出産などのライフイベントをきっかけに働き方を考え直したり、企業に勤めていても女性ならではの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。そんな中で、こういった専門のチームがある事でより求職者に寄り添ったサポートが実現できます。他のエージェントも併用しつつ、パソナキャリアにも一度相談してみると、他のエージェントとはまた別の角度からのアドバイスをもらえるかもしれません。

◆求人・サポートの質が高い →パソナキャリアでは、非公開求人があることはもちろん、面接対策や職務経歴書の添削などのサポートも行っていますが、求人の質が高い、年齢層や職種を問わずサポートが手厚いという点が評判のエージェントです。また、体制として企業側の担当と求職者側の担当を分け、企業側のニーズヒアリング・求職者側のヒアリングをより手厚く行う事で、マッチング精度を高めるための仕組みを構築しています。退職交渉もフォロー(代行は不可)してくれますので、求人数は他の大手と比べ劣りますが、求人やサポートの質については評価されているエージェントであると言えます。

転職者の67%が年収UP。転職したいと思ったら・・・

まとめ

いかがでしたでしょうか?上記に記載の企業は一部で、まだまだ実績は多くないまでも、優れたサービスや特定の領域に強みを持ったサービス・個人で活動している方などもいらっしゃいます。冒頭でも述べましたが、転職エージェントは、最初は複数サービスの利用がおすすめです。まずは有名どころや気になる企業に相談・登録を行い、エージェントと話しながらまた新しいサービスを探すのも良いでしょう。とにかく転職活動は腰が重いと思いますが、動かなければ何も始まりません。動き出しはWebで問い合わせるだけなので時間も手間もかかりません。この記事で記載させていただいたような情報も参考に、あなたにマッチしたエージェントが見つかる事を願っています。