ハイクラス・ハイキャリアの転職で転職エージェントは使う?使わない?

ハイクラス・エグゼクティブ転職

ハイクラスやハイキャリアの定義とは?

何をもってハイクラスやハイキャリアというのか?自分はそれに該当するのか?

明確な定義は難しいかもしれませんが、世間一般的な年収相場などを踏まえると、いくつかのキーワードが見えてきます。今現在の自分が以下に当てはまる方はハイクラス・ハイキャリアに該当すると思われます。

  • ・年収800万円以上(副業などを含まず、会社から支給される給与のみで)
  • ・役職が部長以上(会社の従業員規模が数十名以上で、直属の部下が10名以上)
  • ※自分自身に課せられた目標が、事業PLで売上が億円以上
  • ※自分が自由に決済できる追加コスト予算額が年間1000万円以上

(※)は職種や業界にもよって異なるためあくまで参考値です。全てを満たす必要はないですが、特に年収に関しては定義として重要になってきます。

現在年収が重要になる理由

現在年収が重要になる理由として大きくは2点あります。

一つは、転職する際の給与交渉では、現職の年収というのが重要になります。採用する企業からすると、その人がどれくらいの市場価値があるのか?実際に年収800万円以上の価値があるのかというのは、現在年収から判断するからです。

転職活動においては、職務経歴書に記載された経歴やそれまでのパフォーマンス、面接での受け答えや印象なども重要ですが、それらは転職者の市場価値の細く情報に過ぎません。1回数時間の面接を数回やっただけでは、その人の本当の価値を完全に見極めることは難しく、それは採用する側の企業も理解しています。

そこで、現在800万円や、それ以上の年収を得ている場合は、少なくとも実際にその人の能力や成果を認めている会社があるという客観的な根拠となるのです。

二つ目の理由は、転職の強い味方である転職エージェントを利用する場合に、ハイクラス求人を取り扱うエージェントを利用する場合の基準が、現在年収800〜のところが多い(中には年収700万円以上から利用可能な会社もあり)ためです。

転職エージェントがそのような基準を儲ける理由も、基本的には一つ目の理由と同じで、第三者による客観的かつ定量的な評価として、現在年収を重要視しているためです。

転職エージェントを使う/使わないは、年代によって異なる?

ハイクラスの定義を説明してきましたが、では実際に転職活動を行うにあたって転職エージェントを使うべきなのでしょうか?

それは、転職者の年代によって異なってくると思われます。もちろんどの年代であっても転職エージェントを活用することはできますし、使って損はないのですが、その役割や位置づけは年代によってことなってくるかと思いますので、その点を年代別に詳しくご説明していきます。

20代のハイクラス・ハイキャリア転職の場合

普通のサラリーマンとして20代でハイクラス要件を満たす人材というのは、かなり希少だと思います。一般的には20代の平均給与は20代前半で年収282万円、後半で373万円(※国税庁調べ)ですので、平均の2倍〜3倍の収入を得ていることになります。

このような場合は、転職エージェントの利用を強くお勧めします。その理由は、

  • ・このような人材はどの会社でも欲しがる貴重な人材である
  • ・20代という若さから、自力で良い求人を集めるだけのコネクションが少ない
  • ・転職エージェントからすると、魅力的な人材であり、彼らの豊富な求人情報がより良い転職活動にもっとも生かされる

ということが挙げられます。

20代にしてハイクラスという、将来性と能力を兼ね備えた人材であるということを、とにかく多くの企業に知ってもらうということが重要で、そのために転職エージェントの情報網を活用するのです。

その結果、多くの企業からのオファーを獲得する。そうすることで、自力では知りえなかった優良企業の求人と出会うことができたり、公になっていなかった求人枠が用意される可能性があります。とにかく、自分の手元により多くの選択肢を集めることが重要です。そうすることで、あなたを求める企業の間には必然的に競争環境ができあがり、給与などの条件面もつり上がっていく環境ができていきます。

30代のハイクラス・ハイキャリア転職の場合

30代でハイクラス人材に該当する方というのも、求人市場の中では貴重な人材ですので、転職エージェントの活用は必須と言えるでしょう。ただ、30代ともなると、人によっては独自のコネクションも広がっていると思いますので、それらも活用しながら自力の紹介獲得と合わせてバランスよく情報を収集することをお勧めします。

この年代になると、大学の同期や過去一緒に仕事をした同年代や先輩などがいると思います。そしてそれらの知人や友人も、所属する会社でそれなりのポジションに付いている場合が多いため、彼らからの紹介や推薦をもらえる場合は、転職でも有利に働く場合が多くあります。是非活用することをお勧めします。

では、年代の転職者が転職エージェントを使うメリットはというと、当然かれらから提供される情報量は重要ですが、それ以外にも

  • ・自分自身が希望する企業からのオファーをピンポイントで獲得してくれる可能性がある
  • ・「今どんな業界がアツいのか」といったマーケット情報を提供してくれる
  • ・様々な企業レベル(スタートアップ、ベンチャー、大手)の求人が集まる
  • ・ストックオプションなど、給与以外の好条件付き案件の可能性もある

などがあります。ハイクラス人材といっても、転職者としては素人です。様々な情報やコネクションの幅においては、やはりプロである彼らに頼る部分は大きいですし、転職に際しての交渉面においては、なおさら自分自身でやるよりも彼らの力は大きなサポートになります。

40代のハイクラス・ハイキャリア転職の場合

40代のハイクラス・ハイキャリアとなると、自身のコネクションもかなり広がっているのではないでしょうか。また同じハイクラスでも、20代や30代と比べてかなり経営層に近い(もしくは取締役などの経営者)ポジションの方も多いと思います。

コネクションが潤沢な反面、転職での注意点もあります。それは、中堅以上の企業とのコネクションは多くありますが、スタートアップなどの若い企業とのコネクションがあまり無いということです。

一見そういった若い会社は対象外に思えるかもしれませんが、実態としてはその逆で、若い企業だからこそ勢いはあるものの、経験値が少なく、それを補うために経験豊富かつ経営に参画できる人材(要は大人の人材)を必要としている傾向が多いのです。(企業のガバナンス観点からも、社内にそういった人材を配置してした方が良いという圧力がステークホルダーからかかることが多くあります)

そのようなケースの求人を獲得するには転職エージェントは適しています。この場合のポイントとしては、本格的に転職を決めてからエージェントを利用するというよりは、中長期的な視点で利用して、ヘッドハンター的な役割として利用することです。

今この瞬間の求人から案件を紹介してもらうというよりは、自分に合いそうな良い案件があれば、ピンポイントでその求人を紹介してもらうという方法です。

自力で転職先を見つけられるのであればそれでよしとして、保険をかけるつもりで、その代わり条件にこだわって案件を紹介してもらうという形であれば、決して損はないと思います。

ハイクラス転職の年収相場はどれくらい?

ハイクラス転職の年収相場となると、1000万円弱から2000万以上と、その幅はかなり大きくなります。ではそれを決めるのは現在年収であることは既にご説明しましたが、それ以外にも幾つかの要素があるのでご紹介します。

年収1000万円〜数千万円のケース

年収数千万円になるような、高い評価を得やすい幾つかの例をご紹介します。

  • ・経営層として会社を上場させたことがあるか
  • ・資金調達やM&Aなどの実績があるか
  • ・行政やグローバルにおける太いコネクション
  • ・事業責任者としての年間目標が数十億円以上
  • ・組織マネジメントにおいて100名以上の部下をマネージメント

これらは経営層に求められる事で、能力や経験というのは、それがあるだけで会社に数億円から時には数百億円の利益をもたらす可能性があるものです。この場合、年収は1000万円以上〜数千万円に達することもありえます。採用する側の企業が、どのように年収の値踏みをするかというと、その人材を採用することでどれだけの収益に繋がるのかという点です。

その意味では、上記のような経験というのは高い評価を得やすくなります。また上記のような経験がある方であれば、それをきちんとアピールすることをお勧めします。

年収700万円〜1000万円未満のケース

年収1000万円未満のケースをご紹介します。

  • ・事業責任者としての年間目標が数千万円〜1億円程度
  • ・新規事業の立ち上げ経験
  • ・数十名規模のマネージメント経験

これらは事業責任者クラスの条件と言えます。事業の大きさは様々ですが、特にベンチャー〜中堅規模の企業においてこのような人材のニーズは多く、年収1000万円を少し下回る条件が出やすくなります。

このレベルの人材に求められることは、経営的な視点を持ちながらも、現場に置ける実行力を金s萎えていることです。社内外のトレンドをきちんと把握し、経営視点を持って役員とコミニュケーションが取れること。同時に現場での執行や推進もできるとうことが求められます。

例が的なケースでいくと、ITエンジニアなどは、ある程度の経験がある場合は事業責任者やマネージメントの経験がなくともこれくらいの条件が出ることはあります。その場合は、やはり数千〜億規模の開発に関わった経験やプロジェクトマネジメントの能力は求められます。

年収(給与)だけじゃない。ハイクラスのインセンティブとは?

ここまでは年収にフォーカスをあててご説明してきましたが、ハイクラスやハイキャリアの人材ともなると、年収以外にも注目すべき点があります。

それはストックオプションや株式の支給です。これは、給与とはことなりあすが、ときには数千万〜数億円の収入になる可能性があります。

ハイクラスの人材というのは、まさにその会社の経営に近い存在です。そのため会社から言われることをこなすのではなく、同じ経営視点を持って企業価値を高めることを求められます。その場合は、会社の業績と連動する株式を支給することでその責任と収入を限りなくイコールにするという形もあるのです。(企業価値が上がれば株価も上がり、多くの収入を得れるが、下がれば同時に収入も下がる)

とくに現在未上場で今後上場を目指すようなベンチャーの場合は、今現在は潤沢な資金がないので高い年収は出せないけど、その分ストックオプションを提供することで、会社が見事上場できた場合には、会社もその社員も大きな収入を得れるという、一蓮托生の報酬形態というのは増えてきています。

ハイクラス転職をする人の中には、あえてこのようなハイリターンな条件を希望する人もいます。その場合には、転職エージェントを活用して、ストックオプションの支給を条件にした求人を紹介してもらうという方法もあります。

結論、ハイクラス転職では転職エージェントのメリットは大きい

年代に関わらず、また現在の年収に関わらず、転職の際には転職エージェントを利用することはお勧めです。

その理由はシンプルに、

  • ・転職エージェントの持つ情報量とコネクションは一個人では補えない
  • ・それらのメリットを利用するのが無料である(一部有料もあります)
  • ・自分の希望する条件を主張しやすい
  • ・年代や現在の年収レベルに合わせて、多様な使い方ができる

当店が挙げられます。

また、転職エージェントのビジネスモデルというのが、転職エージェントの紹介で転職が決定した場合に、そん転職者の初年度の年収の約30%を採用した企業から受け取る。という費用形態にもあります。つまりは、転職者の年収が高ければ高いほど、エージェントの売上も上がる仕組みで、転職者からは基本的に一切費用を取らないという仕組みなので、転職者側としては得はあっても損が無い状態なのです。

ただ、転職エージェントによっては、ハイクラスに強い会社もあれば、若手のロークラス(年収300〜500万程度)に強い会社もあるので、そこはきちんと見極めて利用したいところです。最後に、ハイクラスの転職につよい転職エージェントをご紹介します。

ハイクラスの転職に強い転職エージェント7社

ランスタッド

若手の転職から年収800万円以上のエグゼクティブ・管理職人材を、新たなステージへと導く転職エージェント。グローバル・外資系企業に強く、年収3000万円以上のハイクラスな求人情報も豊富に取り揃えています。

企業が非公開で行う募集や、ランスタッドだけの独占求人も多数。あなたのご希望をお聞かせください。

ランスタッドへの登録はコチラ

JACリクルートメント

JAC Recruitmentが採用企業からお預かりしている求人の中から厳選したWEBに掲載可能な年収1000万円クラスの求人特集です。事業開発やM&Aなど企業の経営に直結するポジションから専門分野に特化したスペシャリストまで、様々な業界・職種の求人を数多くお預かりしております。

また、ハイクラス求人に関してはWEBには掲載できない非公開求人も多数保有しております。これまで培った経験やスキルを活かした転職をお考えの際はぜひ当社の転職サポートをご利用ください。

引用元:http://www.jac-recruitment.jp/market/high-class/high_class.html

JACリクルートメントの登録はコチラ

コトラ

コトラでは、金融機関やIT、コンサルティングファーム、事業会社の経営ポジションや管理系ポジションなど、プロフェッショナルの転職をサポートしております。すぐに転職をお考えの方はもちろんのこと、まずは情報を収集したいという方にも情報の提供をさせていただいております。みなさまのお力となれるよう、常にジョブマーケットの最新動向を注視し、個別企業のニーズを収集しておりますので、転職をお考えの方はぜひコトラにご登録ください。

引用元:https://www.kotora.jp/service/

コトラの登録はコチラ

ビズリーチ

ビズリーチは、企業を直接紹介したり、面談を行うことはありません。 企業やヘッドハンターと直接コンタクトが取れるため、効率的・主体的に転職活動したい方、スカウトを受け取ることでご自身の市場価値を測りたい方には最適なサービスです。

引用元:https://www.bizreach.jp/static/guide/welcome/

ビズリーチの登録はコチラ

キャリアカーバー

リクルートのハイクラス転職・求人サービスCAREER CARVER(キャリアカーバー)

・あなたに合った求人を丁寧にご提案

・年収800万~2000万円求人多数

・登録後はスカウトを待つだけ

引用元:https://careercarver.jp/

キャリアカーバーの登録はコチラ

iX転職

ハイクラスのポジションは事業戦略に直結しているため、求人を非公開にせざるを得ないケースがほとんどです。iX転職は ハイクラスに特化した求人を多数ご紹介できるため、より選択肢が広がり希望に合った企業と出会えます。

あなたの武器となる履歴書・職務経歴書の見せ方や面接対策から、自身で気づいていない強みの発掘など。長期的にお付き合いしながら、あなたの市場価値向上をサポートするヘッドハンターと出会えます。

ご登録情報はヘッドハンターからのスカウトに応じない限り、限定された内容しか開示されません。さらに、ヘッドハンターが所属するヘッドハンティング企業に対し、登録情報を非公開にすることもできます。

引用元:https://ix-tenshoku.jp/

iX転職への登録はコチラ

エンワールドジャパン

エンワールドは多国籍企業とグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの人材紹介会社です。国際的な視点を持ち、キャリアアップを志望するプロフェッショナル人材に、管理職、経営幹部、スペシャリスト職の求人をご紹介しています。

引用元:https://www.enworld.com/candidates#ja_why_choose

エンワールドジャパンへの登録はコチラ