2年目で今の仕事が向いてないと思ったら、3年目の転職に向けた準備しろ

20代・第二新卒向け転職

2年目は今の仕事を冷静に見極めるタイミング

新入社員でも、転職でも、1年目というのは程よい緊張感の中で新しい環境に慣れようと必死な時期です。そして、1年という時間は今の会社がどんな会社なのかということを知るには十分な時間だと思います。

2年目になると、少し余裕ができると同時に今の環境が本当に自分の望んだものなのかを冷静に見極めるタイミングでもあります。入社前に描いていた会社のイメージと、実際に入社してからの現実を一つ一つ検証するのです。

イメージ通りだったり、予想以上に恵まれた環境である場合もありますが、反対に期待外れの場合もあります。そんな答えを突きつけられるのが2年目であり、それは意識的に自分の中で確認するべきことでもあります。

2年目での判断は早すぎるのか?

もし、会社の人に相談したら必ずと言って良いほど「まだ向いてないと決めるには早い」と言われると思います。確かにもう少し頑張ることで状況が変わったり、自分自身の見方が変わるなどする場合もありますが、別の考え方もあります。

残り時間から逆算する

成長してキャリアを伸ばすことを考えると、30代半ばまでは15年程度となり、この間の時間はとても貴重です。新卒で社会人になってから、ピークと言われる30代半ばまでの過ごし方で、キャリアはかなり変わってきます。本腰を入れて会社でのキャリアを形成する期間は少なくとも5年は必要でしょう。そうなると残りは10年です。

つまり10年のうちに向いている仕事、向いてる会社を見つけ出さなければならないのです。すでに2年(20%)は使ってしまっていますので残りは8年です。次で必ずしも向いている仕事が見つかる保証がない事を考えると、そんなに時間に余裕がないことがわかると思います。

これは新卒の場合のケースですが、今現在27歳で転職して2年目で悩んでいる方であれば、次の転職では確実にアタリを引かなければなりません。

石の上にも3年は本当?

ひと昔前では「石の上にも3年」と言われ、どんなことでも一度始めたら3年は辛抱して従事するべきと言われてきました。

しかし、今現在ではこの理屈には少々無理があるかと思います。確かに、何をやるにしても簡単に物事が運ぶわけではなく、努力やスキルアップは必要ですが、今現在の仕事環境でのスピード感では、企業側からしても一人前になるまでに3年もかけられても困りますし、働く側としても、仕事を見極めるのに3年もかけていたらキャリアは築けません。

ひと昔前であれば、まだ終身雇用があり、年齢と共に役職や給料が上がっていくので会社に長く務めるこ自体にそれなりのメリットはありました。仕事が自分に合わずつまらなくても、それに耐えることにそれなりに意味があった時代です。

以前の仕事環境ではITなどが無く、簡単なタスク処理やコミニュケーションも大きく工数がかかり、全体的に労働集約型で仕事のスピードや質が一定のレベルに達するまでに物理的に時間がかかっていましたが、現在では入社したその日にその多くが活用できる環境が与えられます。

結論からいうと、1年も頑張った結果その仕事が自分に合わないと思ったり、思うように成果が出せない状況であれば、別の仕事に新たな可能性を探す方が自分にとっても会社にとっても幸せだと思います。

我慢することのメリットとデメリット

仮に、合わない仕事を我慢した場合にどんなメリットがあるでしょうか?

我慢強くなり、ちょっとやそっとのことなら耐えられるようになるかもしれません。またそうした自己犠牲を払ってでも頑張っていることに対して、気づいた人からは評価されるかもしれません。

では反対にどんあデメリットがあるか?

我慢することに慣れすぎると、「我慢する」以外の解決法を考えられなくなります。極端に言えば、自分の可能性や理想を押し殺すしか選択肢がなくなるのです。

今の社会であれば、何を言ってもそれに従ってくれる我慢強い社員は扱いやすいため、「我慢強さ」という能力はいろんな会社で受け入れられる汎用的なスキルだと思いますが、その反面、いい人止まりでキャリアアップができるかというと、それだけでは厳しいと思います。

我慢や我慢強さが悪いのでは無く、気づいたら「我慢するしか能が無い社員」になることが問題であると思います。個人的には、我慢は本当に八方塞がりになった時の最後の手段であり、その前に環境を変える努力をもっとするべきであると思います。

3年未満の転職で評価は下がるのか?

1年、または2年目で転職を考える人が不安に思う事として、「3年未満での転職をするとその事が経歴に傷をつけるのではないか?」という事があると思います。

結論から言うと、それ自体で評価が下がることはありません。逆に3年勤めたから評価が上がるものでもありません。

大切なのは”なぜ転職をするのか”という転職理由と、”その在籍期間で何を学び、どんな成果を残せたのか”ということです。

冷静に考えると、3年というものさしだけで判断する会社があったとした場合、その会社への転職はおすすめしません。

人材の評価の仕方はもっと多様ですし、評価する上では仕事の中身やスキルを深く理解するべきだと思います。それを”3年いたから良い人材”、”3年いないから悪い人材”と安易に評価する会社は、評価する能力の低い会社だと思います。仮に入社しても、その後にきちんとした評価を得れるかは疑問ですよね。

向いてないと思った時は1年かけて転職準備を

仕事に向いて無いと思った時の解決策の一つに、転職があると思います。しかし、思い立ったが吉日とばかりにすぐに転職活動を始めることは、必ずしも得策とは言えません。

仕事が合わず、2年目で転職をしようとしているという事は、少なからず今の仕事を選んだ事は失敗だったのではないでしょうか?

次の転職では同じ失敗をしないよう、しっかり準備期間をとることをおすすめします。

向いてない会社に入社してしまった原因を整理

まずは、今現在の会社になぜ自分が向いて無いと思ったのかを整理します。少なくとも入社する時には自分に向いていると思っていたわけですから、なんらか見落としがあると思います。

  • ・その会社の事をよく調べずに安易に応募してしまった
  • ・転職活動時に見た会社の情報が、実態とは大きく異なっていた
  • ・表面上の会社情報のみを参考にしてたので、もっと内情を深く探るべきだった
  • ・入社時から自分の志向が大きく変化しており、求めるものが変わってきた
  • ・お金や労働条件だけで会社を比較していた

など、今の会社を選んだ時の状況を思い出しながら、どのプロセスに原因が潜んでいるのかをきちんと検証します。あまり難しく考えずに、「今の自分が当時の自分にアドバイスできるとしたら何を伝えるか?」と考えれば、おのずと課題は整理されるはずです。

  • ・会社の選び方
  • ・情報収集の方法
  • ・自分の志向の変化
  • ・意思決定の基準

多少時間をかけてでも、上記のどこにどんな課題があったかを明確にすることをおすすめします。

次に向けたスキル習得・キャリア構築

どんな会社や業界に転職をするかがある程度見えてきたら、すぐにエントリーをするのではなく、もう一段階準備をすることをおすすめします。

それは、その業界や会社に転職する上で、どんなスキルや経験が必要とされているのかを確認し、それを数ヶ月〜1年程度で習得するのです。

もし異業界への転職であれば業界で求められるものを、同業他社に転職するのであれば、その会社で求められているものを習得したり、経験することで採用確率は大きく高まります。

焦って応募して、スキルや経験が足りずに不採用になってしまっては、元も子もありません。

スキルの構築では、今の会社で業務を通して身につけられるのがベストですが、それが無理な場合は自ら資格をとったり、セミナーなどに参加して独学で学ぶのもよいです。

完全にマスターできなくとも、自ら進んで(もしくは自腹を切ってまで)スキルを学んだという姿勢は必ず評価されます。

成功体験を積み上げる

転職に際しての問題解決、スキル・キャリアの構築と合わせて、できればやっておきたいのが成功体験を積んでおくことです。

辞める会社でなぜ成功体験を積むのか?それは、転職活動でのアピールポイント作りのためです。

転職理由の重要性についてはすでに触れました、が「自分に向かない仕事だったので転職しました」だけではさすがに面接での評価は下がります。評価を下げないためには、

  1. 自分には今の向かないと思った
  2. そんな中で、なんとかその仕事のいい部分を見つけて成果を出そうと頑張った
  3. その結果、実際にやり遂げたことががある(成功体験)
  4. そこまでやったが、やはり別の会社が魅力的だったので転職を決意した

このようなストーリーが重要になります。自分の理想を環境に全て依存するのではなく、自分自身でも主体的にそれを作ろうとする姿勢が大切なのです。「成功」の定義については、何も大きな規模でなくても良いです。また物理的な成果を残さなければいけないというものでもありません。

ただ、目標を立てて具体的に行動し、きちんとそれをやり遂げたという実績は必要です。

「向いている」ってそもそもどういうこと?

「今の仕事が向いてないかも・・・」では、どんな仕事が向いてるの?と聞かれると思わず回答にこまることもあると思います。

仕事が自分に向いてないと思ったら、その事に悩むよりも「何が自分に向いているのか」を明確にすることが、その状況から抜け出すには何よりも重要です。では、その方法をご紹介します。

「向いてる」状態を言語化してみる

まず、今現在の仕事を向いてないと思うには原因があります。「毎日同じ事務仕事で飽きてしまう」「接客が辛い」「肉体労働が辛い」「営業などで数字を追う事に疲れた」など。

まずは、形式ばらずに自分の本音をそのまま言葉にしてみることが大切です。そうすると、その逆のことが「自分に向いている仕事」である可能性が高いのです。

例えば、営業のような数字が全ての仕事が向いてないと思えば、その正反対にあるのは研究やクリエイティブな仕事などがあると思います。

このように、漠然と向いている仕事を探すのではなく、向いてないと思う仕事があるからこそ、それをヒントに自分に合う仕事を洗い出すこともおすすめです。

感情ではなく成果で測る

向いているか向いてないかの答えを自分自身の感情をもとに分析する方法は前章で説明しましたが、もう一つの方法は、仕事の結果から分析する方法もあります。

今の仕事に向いていないと感じる背景には、どんなに頑張っても結果がでなかったり、周囲から認めてもらえないことでそう感じてしまうこともあると思います。つまり、自分自身がどうしたいのかよりも、周囲から認められることの方がそもそも重要である場合です。

このような場合は、自分がこれまでにどんな場合にパフォーマンスを発揮できていたかを踏まえて整理すると、”向いている仕事=成果の出せる仕事”が明確になるのではないでしょうか。

つまり、他人と比較してより高い成果の出せたものをピックアップするのです。感情的な好き嫌いは無視して、特にそこまで努力した訳ではないのに、他人よりも良い成果(数値)の出た物事にフォーカスするのです。

記憶力なら負けない、◯◯の知識なら自然と身につく、単純作業なら誰よりも早くこなせる、などなんでも良いのでまずは洗い出してみましょう。

「好き」や「得意」が活かせる仕事を探す

自分にとっての向いてる仕事を整理したあとは、それがどんな業界、どんな職種なら活かせるのかを調べます。

  • ・本やネットで情報収集する
  • ・その業界やその職種で実際に働く人に話しを聞く
  • ・転職エージェントに登録して「好き」や「得意」が活かせる仕事を相談する

転職には二つの情報が必要です。一つ目は「自分がどうしたいのか」ということ。これは自分自身が答えを出すしかありません。二つ目は「仕事の選択肢」これは逆に自分にはわからないことが多く、どのように情報収集するのかが重要です。

この二つをうまくマッチさせることで、向いてる仕事を見つけることができるのだと思います。

2年目という短い期間で、仕事の向き不向きを判断することは果たして適切なのかどうか?不向きであると判断した時にどのような行動をとれば良いのかについて説明してきましたが、最終的に言えることは、”自分の人生は自分のものであり、良いことも悪いことも全て自分の責任である”ということです。

もし「2年目で今の仕事が向いていないと判断するのは早すぎる。もう少し頑張るべきだ」と力説する人がいたとして、その通りにしても自分が納得のいく未来にならなくてもその人は1%も責任はとってくれません。正しく言えば、責任をとることができないのです。

何よりも重要なのは「自分の人生は自分が決めるしかない」ということを理解し、勇気をもって決断していくことが重要なのだと思います。

コメント